ファンデーションの選び方

美肌のためにはスキンケアでお肌の健康を保つことも大切ですが、化粧の基礎であるファンデーションも美肌の大切なポイントとなります。

ファンデーションでお肌の気になる箇所を上手にカバーしましょう。
ここでは自分に合ったファンデーション選びについてお話します。

ファンデーションは大きく分けると「リキッドファンデーション」と「パウダリーファンデーション」の2種類あります。

リキッドファンデーションは液状なので量が調整しやすく、なめらかで化粧崩れがしにくい利点があるため、最近人気があります。
パウダリーファンデーションは、つけ心地が重くならず、コンパクトタイプのため持ち運びしやすく手軽に使えるといった特徴があります。

一般にリキッドタイプは乾燥肌の人に、パウダリータイプは脂性肌の人に向いていると言われていますが、それほどこだわる必要はなく、自分の好みで使いやすいものを選びましょう。

一番重要なのはファンデーションの色選びです。
首と顔の色に大きな違いが生じていませんか?
耳の下からあごにかけてのフェイスラインに伸ばしてファンデーションの色をもう一度確認してみましょう。

基本的に、色白の人はピンク系、色黒の人はオークル系、中間色の人はナチュラル系を選ぶと良いとされています。
ただ、オークルやナチュラル系は時間の経過とともに皮脂とファンデーションが混ざり合ってくすんだ感じになってくるという欠点があります。
明るいお肌は元気で若々しい印象を受けますので、この場合、化粧直しにピンク系を重ねてみましょう。

シミやそばかすが気になる人は、少し暗めの色をはじめに伸ばし、仕上げにピンクやベージュを重ねてみましょう。

美肌のための美容液

家庭でのお肌のお手入れに美容液を使っている人もいらっしゃるでしょうが、美容液というと高価な割には内容量が少なく高級なイメージでします。

ですから化粧水と乳液、クリームだけでお手入れを済ませて美容液は使っていない人も多いことと思います。
しかし「美肌」を考えた時、やはり美容液は必需品になります。
特に乾燥肌の人や、にきびの跡などが気になっている人は、是非美容液を使うことをオススメします。

美容液の本来の目的は保湿ですが、美容液にも色々な種類があり、どれを選んだら良いのか迷う場合には、比較的デリケートな肌質の人は油分の入っていないタイプを選びましょう。
また乾燥が気になる人は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入ったものを選びようにすると良いでしょう。

このように自分の肌質に合った美容液を選ぶようにしますが、それと同時に美容液を正しく使う方法も知っておく必要があります。

一般に美容液は化粧水の後に使います。
とはいえ美容液の種類や目的によって順番が変わる場合があります。
角質を取るタイプのものは化粧水の前に使い、クリームタイプのものは、乳液の後に使う場合がありますので、その美容液の正しい用法をよく理解した上で使うようにしましょう。

美容液をつける時は、化粧水と同様に顔全体に優しくパッティングしながら皮膚に浸透させるようにつけていきます。
そして乾燥が気になる部分には特に多めにつけましょう。

美容液はもう少し年をとってから、と考えていらっしゃる方も多いでしょうが、美容液を普段使っていない人が使ってみると、お肌のしっとり感にびっくりすると思います。
美肌を保つためにも是非毎日のお手入れに美容液を取り入れてみてはいかがでしょうか。

イオンピーリング

「イオンピーリング」の「イオン」とは、電解質の溶液を使った化粧品や治療方法のことを言います。

イオンピーリングは、厚く積み重なった角質の層を剥がしていき、マイナスイオンの力で美容液のベータカロチンをお肌にたくさん浸透させ、活性酸素を取っていきながら本来の肌の再生する力を高めていく新しい形のメディカルスキンケアです。

このイオンピーリングは、くすみやにきびやにきびの凹凸、肌の黒ずみやしわ、ファンでーションがのらないときなどにとても効果があります。

イオンピーリングを体験して、ケミカルピーリングよりも痛みが少なかったとか、終ったあとのヒリヒリ感があまりなかったといった報告もあるようです。
痛みもなく、お肌が赤ちゃんのように生まれたてのピチピチの肌へと近づくのであれば、一度試す価値はあるとは思いますが、値段的にまだまだ高く、主婦の手が届く相場ではないのではと思います。

ただ、どうしてもイオンピーリングを体験したいという方は、サロンなどに行かなくても、少し値段ははりますが、自宅でできる肌のトラブルが少ない弱酸性のピーリングがあります。

それは、今までのように強い酸性で皮膚を溶かすようなものではなく、海洋深層水から生まれたマイナスイオンの無添加化粧品です。
弱酸性の成分が汚れや古い角質を丸め込んで優しく落としてくれますので、皮膚トラブルも少なく、新陳代謝を活発にし、ターンオーバーも速めてみずみずしいお肌によみがえらせてくれます。。

ですから皮膚の弱い方やアトピーの方、または今までピーリングしてきても効果がなかなか表れなかった方にとっては、最適なピーリング方法と言えるのではないでしょうか。

ダイヤモンドピーリング

「ダイヤモンドピーリング」という言葉をご存知でしょうか。

ダイヤモンドピーリングは、名前の通りダイヤが入っている特殊なソフトスポンジで振動させて、肌を均等に削っていくという治療法で、目の周りや口元の色素の沈着、毛穴の開き、シミやくすみ、にきび跡などにとても効果的です。

このダイヤモンドピーリングは、刺激はケミカルピーリングよりも少なく、瞼や唇や首のあたりなど今までは不可能だったデリケートな部分もピーリングできます。

美容大国の韓国の医療機器製造メーカーが開発したダイヤモンドピーリング美容器がとても人気を呼んでいます。
韓国では、このダイヤモンドピーリングに火がつき、旦那様が奥様に美容整形をプレゼントすることも稀ではないそうです。

このダイヤモンドピーリングは、化学薬品やレーザー光を一切使っていないので、専門的な知識のない私たち一般消費者でも誰でも簡単に自宅でピーリングを行うことができます。

薬剤などを一切使わず、天然のダイヤモンド片を加工したチップを肌の上にのせて軽くすべらせると、取れた角質や黒ずみなどがフィルターにつくので、目で見てお肌が綺麗になったことを確認できます。

今まで何度も失敗されている方は、一度試されてみてはいかがでしょうか。

マンゴーピーリング

マンゴーのピーリング剤をご存知でしょうか。

マンゴーのピーリングジェルの効果はどうなのか、と思うかもしれませんが、あるところでは爆発的な人気で常に品切れ状態だそうです。

マンゴーのピーリングジェルは、マンゴーの香りのジェルでくるくるっとマッサージをするだけで、顔にしみこんでいるゴミやメラニンを含む角質がポロポロと取れるピーリングジェルです。

しかもうぶ毛や毛穴対策として、豆乳パイナップルエキスも配合されていますので、古くなった角質を剥がして化粧ののりをよくするほか、保湿成分が入っていますので、安心して使うことができると思います。

このマンゴーのピーリングジェルを使って、マンゴーのトロピカルな香りが気に入っているという声やファンデーションをぬらなくても肌がとても綺麗になったという声が上がっています。

一方、臭いにおいだとか、黒ずみには効果がないといった声も上がっています。
これはどの商品を使ったのか、香りの好き嫌い、値段や使う人の肌の状態によっても大分差がでるかと思います。

マンゴーの香りをかぎながら、ピーリングをして南国に行った気分になってリラックスできたらいいですね。
化粧ののりもよくなりそうだし、香りもいいし、汚い角質ももちろん落としてくれて卵のようなツルツルのお肌にしてくれるマンゴーのピーリングジェル、一度試してみてはいかがでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。